もちろん産後すぐには難しいです

幼い頃からぽっちゃりで、悔いを通していたあたし。
高校の位から、色々な減量を試してきました。

ただし、プレッシャーを感じるといった喜ばしい食べものに走って仕舞う中毒は結構終わりられずいつまでも痩せられない。

そんな中、成婚し小児を授かって分娩しました。
懐妊内輪は、ウェイトUPが激しく助産師ちゃんに何度か警報され、最後は高血圧になって入院もしました。
たまたま無事に分娩したのですが、産前から12間隔太っていました。(産後に7間隔減りましたが)

やっぱりストレスから育休内輪は、甘いものを買ってきてはときどきつまむ常々でした。
ただし、女房チームメイトができてその人たちも同じように懐妊、分娩、養育をしているのにフォルムが一心にキレイな女房が結構多いのです。
しかもあたしよりも階層が上の人間ばかりです。
みんなで撮った画像を見ると、1人間太ったままの私の様子が惨めでした。

そうして、小児がいることはダイエットできない曲解には出来ないことに気が付きました。
もちろん産後すぐには難しいですが、常々大変なことを曲解には何も工夫していないのはただの道楽だと思ったのです。

幸い、あたしは産後1時で引き返し育休中に比べてメリハリのある生活に切り替えることが出来ました。
昼休みには業者ビルに入って要る安く利用できるクラブに通うこともでき、軽食をするヒマも無くなったので自然にウェイトは落ちていきました。

とはいえ、何も意識しないと直ちに元に戻ると思ったので毎月のウェイトダイエットの目安をたてました。
ここでポイントは、1ヶ月に1,2間隔痩せれば好ましい、くらいの気持ちでおることです。

減量ポイントにもよりますが、今の私の一生では面倒はできないし一際小児先決な毎日だ。
思うように減量出来ず、結果が出ず凹むよりは小さめの目安支度として放棄せず積み重ねることを第1の目標にしたのです。

結局、歳月は半年以来かかりましたが7間隔ほど痩せこけることができました!
傍らから、痩せたね、と言われるのがとりあえず嬉しいです。鎮痛剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です