一人暮しを閉めマイホームへ還る

わたくしは年間前まで身長170kg、74kg、高脂質につき糖尿病予備軍という診査されていました。

新卒で入社した料理会社での不規則な暮らし、初めてのマイホームを離れた一人暮し、怠惰な食事で60kgあったウエイトが2年齢でメリット14kgという悲惨な実績となりました。
通常アダルト四年齢瞳を迎えたときに雇用を機に料理製造元を退職し、一人暮しを閉めマイホームへ還ることになりました。
そうして以前からやりたいといった深く思っていた某大手のアパレルメーカーに雇用。

そこでわたくしを待っていたのは美貌に気を遣う男性たちと母親たち。
それに触発されわたくしはサラリーマン現代から穴場だった天ぷらという、炭酸水物、甘味、甘味を削ることにしたのです。
それからは駅舎まではいつもじっくり駆けました。
サラリーマン現代は車からおよそ出ない暮らしでしたが、雇用後は車も消え去り足は鉄道って足のみ。
お休みの日も

二度と気を配ったのはモイスチャーを一年中2リットルは呑むことでした。以前まではモイスチャーを食べる案件よりもただ食べ、炭酸水物などを呑むことを続けていましたが、それを皆水に変えました。
食物にも当然気を遣いました。
・三食とにかく取る案件
・必ず白米といった野菜
・汁物は混ぜる案件
・間食諦める(甘いものはなるべく遠ざける)
これだけをやっていたように思います。
間食は企業の関係上そういうお忙しいに関してでしたが・・・笑

これを二ヶ月続けた時、ボディに異変が。

前もって人生が改変され、夜型から早朝形状へ切り替えしたことにより便秘がなくなり、快腸になりました。
どんどんモイスチャーを定期的に供給していたので、顔色が良くなったと言われました。
本当は瞳がちょっと黄疸の現象(黄色くのぼる)が出ていたとのことで内科で診査にあたっていたのですが、それが薄れてきていました。

そうして肉体的にきつい物体や立場をすることにより、かなりの長く身体を動かすことがダイエット的威力があったのだと思います。
お客様の要望のある産物を逆までとりに行く、フロアーに疾走で還るの繰り返しでしたから。
丸みを帯びた顔付きが、元のターゲット最初形状に戻りつつありました。半年ぶりにあった前の企業のそれぞれに驚かれました。

そうして何と言ってもウエイトが二ヶ月で3kgも落ちていました。でも70kgでしたが、体調が軽々しくなっていたのを今でも思い起こします。

再び一月復路ウエイトは2kg収まり、腹移りは引き締まっているように感じました。ウエストは当時87cmもありましたが、80cmくらいに。

そうして夏場頃には67kgを迎え、ウエストは70cm席に攻撃。サラリーマン現代着ていた私服のショーツなどの腰移りに余白というよりも、空白が生まれていました。

そうして体調が弱くなったから、あるくのが面白くなり、東京を移動するときは根本足が基本となりました。渋谷に行くも企業の表参道で降りそこから渋谷まで行くなど。

そうして現下、秋、冬場を迎えた今回。
ウエイトは60kgに戻りました。ウエストも67cmに落ち着きました。サラリーマン時代のスーツ、私服のショーツはもちろん雇用復路一気に購入したショーツも今では皆じりじりスラックスレベルになってしまいました。

社内品名のスキニーパンツなどが普通に履けるくらいの下半身の細さ、ウエストを手に入れることができました。
パリエット

現在でも足暮らしとモイスチャー供給は貫きながら生活しているので持ち味GETにもつながってある!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です